HOME > 済生会奈良病院について > 病院の取組

病院の取組

無料・低額診療事業

【無料低額診療事業とは】
本制度は、社会福祉法第2条第3項に規定する生活困難者のために無料又は低額な料金で診療を行う制度です。
当院は、無料低額診療事業を行っています。
【どんな人が利用できますか?】
  • 低所得者等で、経済的理由により診療費の支払いが困難な方
  • 生活保護基準に該当、もしくはそれを少し上回る方
    (生活保護基準の1.5倍を一つの目安としています)
  • 家庭内暴力被害者、失業・多重債務者等で診療費の支払いが困難な方
【減免の範囲】
診療費の減免を基本としています。
自由診療費は認められません。また、食事療養費は対象外です。
【制度を利用するには?】
制度利用申請に必要な書類は以下のとおりです。
  • 無料低額申請書
  • 利用者の所得証明書
  • 世帯主の所得証明書又は源泉徴収票
  • 年金通知書

※御相談は 0742-36-1881(代表) 医療相談室までお願いします。

このページの先頭へ戻る

糖尿病教室

【糖尿病教室について】
当院では、毎年、糖尿病患者さん向けの教室を行っております。内容としまして、当院医師、看護師、薬剤師、検査技師、理学療法士、管理栄養士によります講義と、食事会を行っております。

#

各講師による勉強会

糖尿病教室食事会の様子

食事会の様子(材料費が必要です)

糖尿病教室


【申し込み先】
当院各科受付窓口(0742-36-1881)にてお申し込みください。
【受講料】
講義は全て無料で行なっています。
※食事会は食材費 650円が必要です。
又、人数制限がありますのでご注意ください。
【教室の場所】
当院の2階小会議室で行ないます。(都合により、部屋の変更の場合もございます。)
【教室の受付】
開催の15分前より行ないます。
【印刷用ページ】
糖尿病教室の開催スケジュールの印刷ページを作成いたしました。
 印刷用ページ

【平成29年度 糖尿病教室プログラム】

本年度の開催はすべて終了しました。

このページの先頭へ戻る

市民公開講座

済生会奈良病院では、地域の住民の方に病気や症状についての情報を提供したり、様々な病気について知っていただくために、年3回、市民公開講座を開催しています。
春・夏の市民公開講座は済生会奈良病院の会議室で、秋の市民公開講座は、奈良県立図書情報館でのパネル展の期間中に、図書情報館1階交流ホールで開催しています。
講師は、当院の内科・外科・神経内科・整形外科・泌尿器科・小児科の診療科の医師、リハビリ科・栄養科・緩和医療の技師・栄養士・看護師が担当します。
一般の方が理解しやすいように、専門用語やむつかしい言葉を使わないようにしていますので分かりやすいと毎回好評をいただいています。
皆さまの病気の予防や治療について理解を深めてもらえるような市民公開講座を開催していますので是非参加ください(なお、参加はすべて無料です)

【過去の公開講座】

日付 場所講座名
2015年07月18日第19回済生会奈良病院続 新しい内視鏡を使わない 大腸CT検査
2015年04月18日第18回済生会奈良病院新しい内視鏡を使わない 大腸CT検査
2014年11月29日 第8回パネル展 県立図書情報館学ぼう医療 防ごう病気
~これだけは知っておきたい病気の知識~
2014年07月05日第17回済生会奈良病院健康食品を上手につかうには
~その考え方~
2014年04月05日第16回済生会奈良病院認知症を知ろう
~困ったときにどうしたらいい?~
2013年11月30日 第7回パネル展 県立図書情報館 第一部:褥瘡(床ずれ)について
第二部:血尿を見つけたら
    ~膀胱がんの検査から治療~
2013年07月20日第15回済生会奈良病院健康であり続けるために
~脳卒中予防の食事について~
2013年04月06日第14回済生会奈良病院健康生活をたもつリハビリ
2012年09月29日 第6回パネル展 県立図書情報館第一部:冬場の感染予防
    ノロ・インフルエンザなど
第二部:食生活と健康
    バランスダイエット
2012年07月21日第13回済生会奈良病院尿に血が混ざったら
-いろいろな検査と治療-
2012年04月07日第12回済生会奈良病院当院における痔疾患の診断と治療について
2011年11月19日 第5回パネル展 県立図書情報館第一部:脳の細胞が少なくなる病気
    神経内科で扱う疾患
第二部:認知症患者の介護に向けて
2011年07月02日第11回済生会奈良病院ロコモティブシンドローム(*1)について
~足腰を鍛えていつまでも自立した生活を~
2011年04月30日第10回済生会奈良病院がんになっても、自分らしく生きるために
~苦痛を癒す緩和ケア~
2010年10月02日 第4回パネル展 県立図書情報館第一部:足のしびれを学ぼう
    腰部脊柱管狭窄症
第二部:脳を上手に使おう
2010年07月03日第9回済生会奈良病院大腸癌を知ろう
2010年04月03日第8回済生会奈良病院内視鏡検査
2009年09月05日 第3回パネル展 県立図書情報館第一部:がんって何!?
第二部:共にささえ、共に生きる
2009年07月18日第7回済生会奈良病院パーキンソン病
2009年04月04日第6回済生会奈良病院小児喘息について
2008年07月05日第5回済生会奈良病院前立腺がんについて
2007年10月06日第4回済生会奈良病院生活習慣病について
2007年07月07日第3回済生会奈良病院肝がんを知ろう!/治療の最前線
2007年04月21日第2回済生会奈良病院膝の痛みを治そう!
切らずに治すには?手術ってこわいの? 
2007年01月27日第1回済生会奈良病院いびきは健康の注意信号
生活習慣病と睡眠時無呼吸症候群
(*1)ロコモティブシンドローム
加齢による運動器の障害のため、暮らしの中の自立度が低下し、要介護となる危険の高い状態

このページの先頭へ戻る

地域活動

【川辺のまちづくりIn大安寺西に参加しました】

 11月3日奈良県では、地域の資源である川を活かし、子どもから高齢者まで多世代がいきいきと暮らせるまちを目指して、地元自治会、周辺施設管理者、市、県が一体となって川辺のまちづくりを推進しています。奈良病院の近くを流れる、佐保川周辺の大安寺西地区はモデル地区となっており、この度、「川辺のまちづくりIn大安寺西」と題して県立図書情報館前をメイン会場とし川辺の清掃、花植え、等を行う大きなイベントが開催されました。当院は、自治会の要請を受け、救護班として参加したほか、川の清掃を行いました。ボランティアとして、看護師、事務職員合わせて16名が参加しました。当日は、軽いけが等3件の処置を行いました。
また、看護部は、オープンカフェコーナーにてアロママッサージを行いました。
最後にはカレーがふるまわれ、みんなでおいしくいただき、地域との交流を深めました。




【夏祭りに参加しました。】

8月6日地元自治会である奈良市大安寺西地区社会福祉協議会主催の 「大安寺西地区ふれあい夏まつり」(大安寺西小学校)に 大会本部からの要請に基づき、看護師が救護班として参加しました。 模擬店では輪投げとジュース販売、無料握力測定チャレンジを行い、大変好評でした。 また、会場の後片付けなどのお手伝いをさせていただきました。

救護班では、軽いけが、気分が悪くなられた方など4件の対応を行いました。 模擬店の売り上げは経費を差し引いて全額、日本赤十字社に寄付させていただきました。


【佐保川の清掃作業のボランティアに参加いたしました。】

2016/5/15地域の河川愛護啓発活動の一環として、佐保川の清掃作業の
ボランティアに参加致しました。
当院からは、10名程度参加し、川辺の道路沿い等のごみを拾うなどの
清掃作業を行いました。



【「マイリバーYAMATO みんなの手で美しい川に!」に参加しました】

3月6日(日)、県下の大和川流域で開催される大和川一斉清掃 「マイリバーYAMATO みんなの手で美しい川に!」に参加しました。
済生会奈良病院の近くには大和川の支流の佐保川・菩提川・菰川が流れており、
ボランティアで参加した職員は地元自治会と一緒にゴミを撤去して 美化に努めました。

また、救護班の参加要請もあり、当院看護師1名が参加。
軽い擦り傷の処置を一件行いました。


【第22回大安寺西地区ふれあい夏まつり(大安寺西小学校)に参加しました】

大会本部からの要請に基づき、救護班として参加いたしました。
模擬店では輪投げとジュース販売、無料握力測定チャレンジを行い、大変好評でした。
また、会場の設営などのお手伝いをさせていただきました。



模擬店の売り上げは必要経費を差し引いた残金を日本赤十字社に寄付させていただきました。


【平成27年度「川の清掃デー」に参加しました】

平成27年7月20日(祝)、 奈良県山の日・川の日にちなんで開催された「川の清掃デー」のイベントに参加させていただきました。


このページの先頭へ戻る

奈良県在宅医療推進モデル事業

【平成25年度奈良県在宅医療推進モデル事業 シンポジウムの案内】

誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすために、在宅医療の必要性は高まっています。在宅医療を担う地域の多職種(在宅医、在宅歯科医、薬局薬剤師、訪問看護師、介護職等)が連携して情報を共有することで、県民が身近な場所で安心して適切に在宅医療を受けられるようにするため、シンポジウムを開催します。 プログラムの内容は別紙シンポジウムの案内pdfファイルをご覧ください。

【医療・介護・福祉サービスで暮らしを支えるシステムを考えよう】
【日時】
平成26年3月29日(土曜日) 
14時00分から16時00分まで(13時30分開場)
【場所】
奈良県立図書情報館 交流ホール
〒630-8135 奈良市大安寺西1丁目1000番地 (TEL 0742-34-2111)
【募集人数及び参加対象】
200名(入場無料・申し込み不要) 
医療・介護関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、介護職など関係多職種)、一般県民
【お問い合わせ】
本件に関する問い合わせは、総合案内・初診受付(0742-36-1881)までお願いします。

このページの先頭へ戻る

院内広報誌(わだち)

【バックナンバー】